奨学金について

奨学金とは様々な事情があって学校に行きたくても行けない学生に対して、金銭の給付や貸与を行う制度のことを言います。
この制度は学生ローンと違って、誰でもお金を借りられるというものではなくて、審査があって能力のある学生に対して金銭の給付や貸与を行う制度となっています。


全ての学生が親に学費を支払ってもらって様々な学校に行くことが圧倒的に多いですが、どうしても金銭的、経済的な理由で進学できない人に対してばかりではなくて、親が支払ってくれる以外にも、様々な能力が高ければ、さらにその能力を上げるために奨学金を受け取って勉強やスポーツに励む人もいます。


しかし多くの人が給付ではなくて、借りているのが現状で、世界を見てみると先進国の多くが給付制度なのに対して、日本は貸し付けて、学校を卒業後に全額を全て支払わなければいけない決まりになっています。
日本にも公的組織が奨学金を提供している組織があり、独立行政法人の「日本学生支援機構」が奨学金の制度を提供しています。
借りられるお金には無利子の制度と有利子の制度があり、それぞれの制度でメリットとデメリットがあります。


借りたものは絶対に全て返済をすることが基本になっていて、いくら公的機関の日本学生支援機構の奨学金であっても、返済時期に滞ってしまうとブラックリストに載ってしまうので注意しなければいけません。
本当に便利な制度ですが、全ての金額をしっかり返済できるように、しっかりとシミュレーションをしてからお金を借りるようにしましょう。